芸術系劇団ムシラセのブログだムシ
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ワークショップ開催
この度、ムシラセでは4月21日(火)〜24日(金)の4日間、ワークショップを開催いたします。

今回のワークショップでは今年、秋に予定しておりますムシラセの本公演に付随したものになっております。

今回は芥川龍之介『歯車』を題材とし、4日間で参加者の皆様と共に新たな作品の創作を予定しております。

ムシラセは多くの方との出会いを求めておりますので、経験は不問です。
是非、奮ってご参加ください。


【詳細】
・日程
4/21(火)〜24 (金)(18:00-21:30 休憩有り)

・料金
2000円(1日500円)
※全日参加は強制ではありませんので、気楽にご相談ください。

・場所
都内某所予定(世田谷区、杉並区の予定です。)

【応募方法】
以下の必要事項をご記入の上、メールにてご連絡ください。

・必要事項
1 お名前(所属があれば所属)
2 年齢
3 メールアドレス
4 電話番号
5 日程の希望

・宛先
kataoka@mushirase.net (片岡宛)

心よりお待ちしております。



【ムシラセとは…】
美大出身の保坂萌が2008年に立ち上げた演劇プロデュースユニット。
ムシラセ=虫の知らせ。
「虫」とは、人間の体内に棲み意識や感情にさまざまな影響を与えると考えられていたもの。
人のこころの中にある悪いものをナナメからみて、チクリと知らせるような脚本と
イラストレーターYONEROCKによる実験的な空間美術が特徴。

ムシラセ公式ホームページ
mushirase.net
ムシラセ公式Twitter
@mushirase_tw
2月
お久しぶりです!

1月半ばに新年第一回ムシラセミーティングを終えまして、今後の活動をどうするかみんなでかんがえました


今月もムシラセミーティングがあり、色々と細かく決まっていく感じでございます!
早く、皆様にお知らせ出来ればと思います!!


そして、劇団員・とんこと、私吉本知世は2月の12日〜15日
冨士山アネット
【The Absence of the City Projec】
『Attack on Dance』
に出演させていただきました。

「What’s Dance?」をそのまま舞台にのせた演目でした。

そうです、とん、踊りました。
ジャンルが違うダンサーの中に入り、各々で振り付けし、課題曲で一斉に同じ舞台で踊りました。
今まで、カフェやレストランでソロを踊った事はありました、去年は本多劇場でダンサーとして踊らせていただきましたが、こんなにダンスと自分と向き合う機会って無かったんじゃないかと思うくらい濃厚な時間を過ごさせていただきました。



もちろん、ムシラセメンバーも観に来てくれました!


主宰と、踊った直後の暴れ馬とん


ムシラセのパパ、名誉顧問のそえたさんと笑顔爆発の暴れ馬とん

ムシラセメンバーだけでなく、沢山の方にご来場いただきました。
本当にありがとうございました!

今回、身に落としたことを次の舞台でも発揮できるように、そして、いつでも踊れるように精進してまいります。


では、長くなりましたが
ムシラセの新たなお知らせの時にまたお会いしましょう!!!


ムシラセ
とん
吉本知世
師走ですね!
ムシラセ、年賀状用の写真を撮影しました!!
その模様をお伝えします(*^^*)

まずは片岡のヘアセット

短く髪をしたらしく、結えるかどうか心配していましたが、バッチリです!

さて!今回は女性陣みんな着物姿で写真を撮りました!!
着付けは片岡のお知り合いの方にお願いし、素敵に着付けていただきました!



着付けてもらってめっちゃ笑顔な片岡と、背後に保坂さん、、、この写真めっちゃ好きです(笑)

帯も素敵です(*^^*)




さて!いざ撮影!

着物姿でシャッターをきる保坂さん、かっちょいいです

保坂さんの代打!中谷!!

足下かわいいでしょ?

仕上がりが楽しみ'`ゥ(*´(00)`)'`ゥ

おまけー

縫い物をする中谷と、それを覗き込む片岡、、、お家感まんさい(笑)

からの
自撮り大作戦!

これ、別に障子を撮っているわけではなく、光の具合が上手いこと行くように自撮りしてる模様です(^^)

おまけのおまけ
小さな小窓があったので、入ってみた片岡




さー!どんな年賀状がムシラセから届くかお楽しみに!!!



『gate#12』全日程終演致しました!
皆様、おこんにちは。
台風一過、今日はいい天気です大阪は。東京はいかがですか?


京都の劇場KAIKAにて行われておりました

『gate#12』
Bプログラムムシラセ「やみやみ」

無事に全日程終演致しました。
ご来場、応援、ご協力心より御礼申し上げます。
ありがとうございます。





作・演出の保坂が派手派手しい恰好をしておるのは彼女の趣味
では無く、役者として出演していたからです。次回出演予定は10年後とかですかね、保坂さん?


京都や福岡の劇団と関わらせて頂いたり、関西のお客様にご覧頂いたり、
とても刺激的なイベントとなりました。


ムシラセ一同、今後共精進して参りますので、皆様、何卒宜しくお願い致します。
本当に、ありがとうございました。
9月突入!!
9月に入りました!
気温差が激しい日々ですが、皆様身体をこわされたりしてませんか?

さ!
ムシラセも京都公演に向けて、稽古開始です!!


今回、出演してくださる
太田旭紀さんといつみです!!

太田さんとならぶと、いつみのナイスバディが際立ちますね。
なんと、太田さん体脂肪率が一桁だとか、だったとか!
昔、バレーボールをやられていたそうですよ〜


そして、

保坂さんと、このたび、演出助手をしてくださる、渡邉宏樹さん!
渡邉さんの私服がすごいと巷では噂です。
(いつみ情報)
毎稽古の楽しみが増えます(笑)


そして、そして、
KAIKAを下見してきてくれた保坂さんから、みんなへお土産物が!、


みんなで美味しくいただきました(^^)ノ♪

このようなかんじで、稽古風景も随時アップしていけたらと思っています(>_<)!!
そして、京都公演に向けて、なにやら新しい企画も始動するとか、、、
なんでしょうねー
それは、
乞うご期待!ということです!!
少々おまちください。

では、最後にムシラセ京都公演の情報を載せておわかれです、


fringe theater project 「gate#12」
ムシラセ『やみやみ』

作・演出 保坂萌

【出演】
太田旭紀

片岡斎美
中谷真由美
吉本知世

保坂萌

【スタッフ】
演出助手 渡邉宏樹
衣装 西垣彰彦


【作品紹介】
何をやってもうまくいかない写真家と、色が全く認識できない全色盲の女。
モノクロの写真を撮り続ける写真家に、モノクロの世界の女は問いかける。
「なんでわざわざ色をなくすの?」
答えに窮する写真家は、自らの評価のために色の無い女を利用しようとするが…。
色の世界と白黒の世界、わかり合うことは叶わない?
ムシラセ番外公演は、哲学思考実験「マリーの部屋」を元にした闇と病みのお話です。


【スケジュール】
※ムシラセはBプログラムに参加します。

10月2日(木)19:30(A)
10月3日(金)19:30(B)
10月4日(土)14:00(A)
19:30(B)
10月5日(日)11:00(B)
16:30(A)
(開場は、開演の30分前です)
(プログラム上演日により、上演団体が異なりますので、ご注意ください)


【会場】
KAIKA
京都市下京区岩戸山町440番地 村江ビル2F

【チケット】
前売1,700円 / 当日2,000円 / セット券3,000円(日時指定・全席自由)
※チケット購入はイープラスをご利用ください。
(http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002133442P0030001)

ここまで、後拝読ありがとうございました!
トンこと吉本知世でした。